内臓脂肪 青汁

青汁は色々あるけど内臓脂肪にはどれを選んだらいい?

青汁を飲んでいる人の中には青汁ダイエットが目的の人もいますよね。

 

青汁は色々あるけど内臓脂肪にはどれを選んだらいい?

 

青汁に含まれる食物繊維がダイエットに良いというので、青汁ダイエットが人気になりましたが、たくさん青汁がある中で特に内臓脂肪にはどれがいいのでしょうか。

 

このサイトでは内臓脂肪に飲むべき青汁を紹介します。

 

 

おすすめの内臓脂肪向け青汁はこれ!

内臓脂肪向けの青汁で管理人がオススメなのは【葛の花イソフラボン青汁】です。

 

 

葛の花由来イソフラボン(デクトリゲニン類として)にはお腹の脂肪を減らす機能が確認され、 また内臓脂肪や皮下脂肪、ウエスト、体重もすべて減少することが確認されており、 ダイエットを考えている人たちから熱い視線を浴びているんですね。

 

それに消費者庁に機能性表示食品として認められているので、内臓脂肪を減らしてくれる効果を信頼できますよね。

 

葛の花イソフラボン青汁の公式サイトには、おなかの脂肪断面積が20cm2減少したという臨床試験の結果が公開されています。

 

≫臨床試験の結果を見てみる

 

そもそも内臓脂肪がたまる理由とは!?

内臓脂肪がたまる原因は食べ過ぎと運動不足です。

 

人の体には何もしないでも消費されるエネルギー=基礎代謝があるのですが、摂取したカロリーが基礎代謝を上回ると、余ったエネルギーは内臓脂肪として蓄積されてしまうんですね。

 

若いうちは基礎代謝が高いので結構食べても大丈夫だった人でも、年齢を重ねるとだんだん基礎代謝が落ちてくるので、そのぶん食べる量もしくは運動量を変えないと、どんどん内臓脂肪に変わって行ってしまう・・・という理屈なのです。

 

 

内臓脂肪を減らす方法

基礎代謝が落ちた分、食事の量や内容を変えて摂取カロリーを少なくするか、もしくは運動量を増やして消費カロリーをあげることで内臓脂肪を減らすことができます。

 

青汁は色々あるけど内臓脂肪にはどれを選んだらいい?

 

運動の中でも内臓脂肪には有酸素運動が効果的とされています。
有酸素運動は20分以上続けないと意味がないと言われているのですが、20分以上走るのは厳しいものがあるので、継続するためにもウォーキングが効果的と言われています。

 

 

まとめ

今までも青汁はダイエットにも良いと言われていましたが、それは食物繊維が豊富だから・・・という利点しかありませんでした。

 

内臓脂肪を減らす効果が認められた青汁が登場したことで青汁ダイエットがより強力なダイエット法になりました。

 

他の内臓脂肪を減らす運動や食事法を実践しながら、内臓脂肪を減らす青汁を飲むとより効果的ですね。